ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2017年新制度|セルフメディケーション税制で得をする!

税金

2017年新制度|セルフメディケーション税制で得をする!

セルフメディケーション制度を理解して確定申告に向けて準備しよう


確定申告の時に控除になる、医療費控除制度は知っている方も多いと思います

2017年1月から医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制が加わりました

この特例は2017年から2021年の4年間が対象で、普段買っている市販のお薬が

対象になりますのできちんと理解していれば税金が安くなるかもしれません

セルフメディケーション税制とは?


今までの医療費控除制度は1月から12月までの1年間で10万円を超える医療費が対象で、10万円を超えた分が税金の還付や減税の対象になっていました

同一世帯の家族全員分を合わせていいと言っても、健康に気をつけている方は特に10万円の金額に満たないことの方が多かったのではないでしょうか

今回のセルフメディケーション税制では普段使っているドラックストアで売られている市販薬でも、医療用から一般向けに転用された83成分を含む市販薬で、12000円を超えた分が減税の対象になります

年間10万円の医療費がかかる家族は限られていると思いますが、年間12000円の
市販薬を購入する家族は多いのではないでしょうか

新制度が始まったことで医療費控除の対象になる家庭が増えたということです!

申請にはレシートが必要だったりしますので、まずは制度の仕組みを理解し
対象のご家庭の方は準備をしましょう




セルフメディケーション税制の対象はどんな人?


セルフメディケーション税制の対象になるのは・・・

所得税・住民税を納めていて、以下のいずれかを受けている方
 (勤務先での定期健康診断などの含まれる)

・特定健康診査(メタボ健診)

・予防接種

・定期健康診断(事業主健診)

・健康診査

・がん検診

対象になる市販薬は次のページでお伝えします

12
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!